自分のドラゴンヘッドの意味

2017.11.4におうし座で満月だが、この満月はサビアンでみると12度に位置するとのことだ。
このことについての記事を見つけたのでリンク。
11月4日の牡牛座の満月☆・・・上手くいかない停滞を打破する「鍵」を教えてくれるような満月w

牡牛座12度=

「社会の中での、自分の本当の望み(欲望)」が

 

具体的に必要なものへ導き

模索していくようなシンボル。

今まで、シンボルだけ読んでも今一つわからなかったのだが、こうしておうし座の満月が軌道修正のエネルギーを持っている、という文章と合わせて読むことで、ドラゴンヘッドそれ自体が軌道修正の意味合いもあることに想い当たり、すっと腑に落ちた。

私の人生の方向性としては、成功を目指すよりは、本当の望みや欲望から可能性を探っていくことに重点が置かれているんだな、と理解した。

ドラゴンテイルはステータスの高い場所に入っていくようなシンボルで、まさに「成功を目指す」内容。でも、この方向性はたぶん、自分の長い魂の経歴できっとたくさんやってきたことなのだろう。だからこそ、今自分の望むことをやること、そして社会の中で自分の新しい可能性を見つけていくことでまた自分は新しい息吹を感じることができるのだと思う。

 

Advertisements

ドラゴンヘッドについてさらに。

ドラゴンヘッドのルーラーで開発すべき人生の方向性を見るらしい。(44ページ)

たとえばドラゴンヘッド牡羊座であれば、
どこのハウスとサインに火星があるかを見る。
そしてその火星を育てることが、今世に生まれた真の目的である。

ドラゴンヘッドのルーラーで読む「今世に生まれた目的」

前の記事で、ドラゴンヘッドのルーラーについて調べてみた。
今度は、ドラゴンヘッドそのものについてみてみよう。

 

ドラゴンヘッドをサビアンシンボルでみると
牡牛座12度:若いカップルがウィンドショッピングをしている
豊かな生活を追及していくことが今世の方向性にかなっていると読める。
ハウスは1ハウス。自分自身をあらわすハウスである。
基本的には自己主張してゆけ、というところか?

 

このドラゴンヘッドだが、太陽、水星とスクエアである。
太陽とのスクエアでは社会生活に違和感を感じやすいかもしれない。
水星とのスクエアでは自分の殻に閉じこもりがち

 

 

ところで、私の太陽であるが、水星とコンジャンクションを持つ以外に惑星ではアスペクトを持たない。
なので、知識や学問といった領域でしか自分を表現しにくい環境にある。
ここにドラゴンヘッドがハードアスペクトで関与してくることで、自分との摩擦を感じ、この解消を図るべく物事が動くのかもしれない。
ちなみに、太陽のサビアンは水瓶座10度
水瓶座10度:一時的だと証明される人気
社会生活を送る自分が本当の自分ではないこと、そして、そのことについての悟り

 

水星のサビアンは水瓶座18度
水瓶座18度:人間の秘密の動機が公的に仮面をはがされつつある
正確にはA man unmasked(仮面がはがされた男)である。
面白いことに統合度数(この絶対度数と足して360になるところの度数)がなんと牡牛座12度、すなわちドラゴンヘッドの場所なのである。
参考:soulmate story.

ドラゴンヘッドのルーラーで知る「今世生まれた目的」

ドラゴンヘッドのルーラーで開発すべき人生の方向性を見るらしい。(44ページ)

たとえばドラゴンヘッド牡羊座であれば、
どこのハウスとサインに火星があるかを見る。
そしてその火星を育てることが、今世に生まれた真の目的である。

ドラゴンヘッドのルーラーで読む「今世に生まれた目的」

このサイトを参考に自分のチャートを書き出してみる。

ドラゴンヘッドは牡牛座11度
牡牛座のルーラーは金星で
この金星は水瓶座29度で12ハウスに入っている。
金星ということは愛と美について、ということだろうか?

この金星を育てることが目的だとすると
まずサビアンで見る。

水瓶座30度:アーダスの咲いている野原

水瓶座30度 こだわりを捨てる

サビアンシンボル水瓶座30度の人は、こだわりを捨てている人かも。

[ルディア 超越的な意識のあり方にたいして開かれた心と感情の深みを持つ人に見られる、高次の存在との接触を可能にする能力。(全存在への気づき)
[JONES] CONTINUITY:永続性:=>CONFIDENCE:確信(手紙)
[るしえる] あらゆる多様性は一つの光からの分化であるというオカルト感覚。時空を越えた宇宙創生を担うマスターたちとの出会い。理性の最終結論。
[決定版]すべての人類に共通のルールを発見し、そこに回帰することで個人の個性の違いを超えた普遍的な共感に至ろうとします。
人間中心主義においての究極の到達点に至るかもしれません。また、古代も現代も違いはないことを知るでしょう。
dこだわりを捨てればスッキリした気分に。肩の力を抜いて自然体でいこう
t充足した実績を残せるものとなるだろう。

この金星はちょうど12ハウスにはいったばかりである。12ハウスは隠されたもの、秘密の領域、潜在意識、ということになる。また、さらにこの金星の特徴として、木星と月のYODという複合アスペクトがあって、金星はこのアスペクトの軸の部分にあたる。月と木星のセクスタイルはおよそ感情面での保護、つまり楽天的で陽気な性質ということだが、金星、すなわち恋愛や芸術に関してこの性質が縛られ、訓練されるということのようだ。

と、ここまで分析して、
自分、谷崎とか好きなのわかったわ、という感じだ。

あと、この金星ちゃん、海王星とスクエアを形成していて、この傾向に拍車がかかっております。

他に参考にした記事
複合アスペクトのYOD(ヨード,ヨッド)について
月のアスペクト